相互リンク募集中です。 FC2 Blog Ranking
 絶対に守れない1日1回更新 
カテゴリー内記事一覧 (下のものほど古い記事です)
スポンサーサイト
--/--/-- --:--
Cwcheat1,8Rev C
2007/07/22 21:32  トラックバック(0)  コメント(0)
Cwcheat1,8Rev C
2007/07/22 21:31  トラックバック(0)  コメント(0)
Cwcheat1.8 rev A
2007/07/08 12:44  トラックバック(0)  コメント(0)
Cwcheat1,8
2007/07/01 10:27  トラックバック(0)  コメント(0)
SCEP XMB 10 リリース
2007/03/15 19:16  トラックバック(0)  コメント(0)
 ≪ BACK ≪ 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/22 21:32 【プラグイン
Cwcheatが新しくリリースされました

DLは↓

  ^q^

今回の変更点は

[POPS] removed some useless debug information in the memory card manager in case of operation successful
[POPS] added a clear/format option in the memory card manager. It will make your memory card empty just like if it was new. (if you use this by mistake remove your memory stick and power off the psp directly to avoid accidental save of the new memory card status)

[GAME] added reverse offset pointer codes. They work just like normal pointer codes but the offset is subtracted and not summed like the normal ones. The format is the same except a little difference in the second address line: 8bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0003nnnn 0xiiiiiiii 16bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0004nnnn 0xiiiiiiii 32bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0005nnnn 0xiiiiiiii

[ALL] added shortcut representation to the disassembler. You can enable it by putting DISASM SHRCUT= 1 in the config file

[GAME/150] although homebrew mode was available since one year ago (by pressing R while booting up with a game prx) now with m33 supporting a separate game150 mode for plugins I’ve made a prx which automatically goes in homebrew mode and uses a different config file to keep configurations separated easily.
[ALL] fixed a bug in the difference search which made it unusable
[ALL] now it’s possible to access the disassembler from the memory editor by pressing SQUARE. The nearest (backward way) 4byte aligned address will be selected as the first address in the disassembler

[ALL] changed the button to make new cheats from the memory editor: now it’s TRIANGLE

[ALL] now it’s possible to edit values directly in the memory editor. This will allow you to edit values without having to make cheats. To enable value editing press your confirm button (which is CROSS or CIRCLE if you swapped buttons in cwcheat) this will allow you to edit the selected value with UP/DOWN. Then confirm with CROSS (or circle if you swapped buttons) and abort with CIRCLE (or cross if you swapped button)

[ALL] now you can change the value in the memory editor of +/- 0

日本語でおkな方は

POPSは操作の場合にメモリカードマネージャでうまくいった状態で何らかの役に立たないデバッグ情報を取り除きました。
POPSはメモリカードマネージャで明確な/形式オプションを加えました。 新しかったなら、それはただカードが空にするあなたの記憶をまねるでしょう。 (あなたがこれを間違って使用するならpspからあなたのメモリースティックとパワーを直接取り除いて、新しいメモリカード状態の偶然のセーブを避けてください)

GAMEは逆のオフセットポインタコードを加えました。 正常なポインタコードにもかかわらず、オフセットがまさしく引き算されて、正常なもののようにまとめられないように彼らは働いています。 2番目のアドレス線の少しの違いを除いて、形式は同じです: 8はポインタの逆さのコード16ビットの0×6aaaaaaaの0×000000vvの0×0003nnnn 0xiiiiiiiiのポインタの逆さのコード32ビットの0×6aaaaaaaの0×000000vvの0×0004nnnn 0xiiiiiiiiのポインタの逆さのコード0×6aaaaaaa0×000000vv0×0005nnnn 0xiiiiiiiiに噛み付きました。

すべてが逆アセンブラに近道の表現を加えました。 あなたは、コンフィグファイルにDISASM SHRCUT=1を入れることによって、それを可能にすることができます。

1年前(ゲームでprxをブートしている間、Rを押すことによって)以来現在、m33がplugins Iのために別々のgame150モードを支持していて、homebrewモードは利用可能でしたが、GAME/150は自動的にhomebrewモードを調べて、容易に構成を切り離し続けるのに異なったコンフィグファイルを使用するprxを作りました。
すべてが今やそれを使用不可能なすべてにした違いの検索におけるそれがSQUAREを押しながらメモリエディタから逆アセンブラにアクセスするのにおいて可能であるバグを修理しました。 最も近い(後方の道)4バイト並べられたアドレスは逆アセンブラにおける最初のアドレスとして選定されるでしょう。

すべてがメモリエディタから新しい詐欺をするようにボタンを変えました: 現在、それはTRIANGLEで
す。

現在、直接メモリエディタで値を編集するのはすべて、可能です。 これで、詐欺をする必要はなくて、あなたは値を編集するでしょう。 値の編集を可能にするには、これがUP/DOWNと共に選択された値を編集するためにあなたを許容する確認ボタン(あなたがcwcheatでボタンを交換したなら、CROSSかCIRCLEである)を押してください。 その時、CROSS(ボタンを交換したなら、旋回する)と共に確認して、CIRCLEと共に中止になってください(ボタンを交換したなら、交差してください)。

今、すべて、あなたは+/-0のメモリエディタで値を変えることができます。

つまりそういうことです

ところでブログを作った初日とか 1日1回更新を目標にryって人多いですよね

自分もそうです

でも何ヶ月かやってると段々めんどーになっていきます

最初のころは皆とは違う記事を書きたいと思ってましたが今では二番煎じ

これが現実 まー自分の更新が遅すぎるだけかもしれませんがね

逆に考えると他の人が早すぎるんです><

まぁそういうことです

以上です
トラックバック(0)  コメント(0)
2007/07/22 21:31 【プラグイン
Cwcheatが新しくリリースされました

DLは↓

  ^q^

今回の変更点は

[POPS] removed some useless debug information in the memory card manager in case of operation successful
[POPS] added a clear/format option in the memory card manager. It will make your memory card empty just like if it was new. (if you use this by mistake remove your memory stick and power off the psp directly to avoid accidental save of the new memory card status)

[GAME] added reverse offset pointer codes. They work just like normal pointer codes but the offset is subtracted and not summed like the normal ones. The format is the same except a little difference in the second address line: 8bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0003nnnn 0xiiiiiiii 16bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0004nnnn 0xiiiiiiii 32bit pointer inverse code 0×6aaaaaaa 0×000000vv 0×0005nnnn 0xiiiiiiii

[ALL] added shortcut representation to the disassembler. You can enable it by putting DISASM SHRCUT= 1 in the config file

[GAME/150] although homebrew mode was available since one year ago (by pressing R while booting up with a game prx) now with m33 supporting a separate game150 mode for plugins I’ve made a prx which automatically goes in homebrew mode and uses a different config file to keep configurations separated easily.
[ALL] fixed a bug in the difference search which made it unusable
[ALL] now it’s possible to access the disassembler from the memory editor by pressing SQUARE. The nearest (backward way) 4byte aligned address will be selected as the first address in the disassembler

[ALL] changed the button to make new cheats from the memory editor: now it’s TRIANGLE

[ALL] now it’s possible to edit values directly in the memory editor. This will allow you to edit values without having to make cheats. To enable value editing press your confirm button (which is CROSS or CIRCLE if you swapped buttons in cwcheat) this will allow you to edit the selected value with UP/DOWN. Then confirm with CROSS (or circle if you swapped buttons) and abort with CIRCLE (or cross if you swapped button)

[ALL] now you can change the value in the memory editor of +/- 0

日本語でおkな方は

POPSは操作の場合にメモリカードマネージャでうまくいった状態で何らかの役に立たないデバッグ情報を取り除きました。
POPSはメモリカードマネージャで明確な/形式オプションを加えました。 新しかったなら、それはただカードが空にするあなたの記憶をまねるでしょう。 (あなたがこれを間違って使用するならpspからあなたのメモリースティックとパワーを直接取り除いて、新しいメモリカード状態の偶然のセーブを避けてください)

GAMEは逆のオフセットポインタコードを加えました。 正常なポインタコードにもかかわらず、オフセットがまさしく引き算されて、正常なもののようにまとめられないように彼らは働いています。 2番目のアドレス線の少しの違いを除いて、形式は同じです: 8はポインタの逆さのコード16ビットの0×6aaaaaaaの0×000000vvの0×0003nnnn 0xiiiiiiiiのポインタの逆さのコード32ビットの0×6aaaaaaaの0×000000vvの0×0004nnnn 0xiiiiiiiiのポインタの逆さのコード0×6aaaaaaa0×000000vv0×0005nnnn 0xiiiiiiiiに噛み付きました。

すべてが逆アセンブラに近道の表現を加えました。 あなたは、コンフィグファイルにDISASM SHRCUT=1を入れることによって、それを可能にすることができます。

1年前(ゲームでprxをブートしている間、Rを押すことによって)以来現在、m33がplugins Iのために別々のgame150モードを支持していて、homebrewモードは利用可能でしたが、GAME/150は自動的にhomebrewモードを調べて、容易に構成を切り離し続けるのに異なったコンフィグファイルを使用するprxを作りました。
すべてが今やそれを使用不可能なすべてにした違いの検索におけるそれがSQUAREを押しながらメモリエディタから逆アセンブラにアクセスするのにおいて可能であるバグを修理しました。 最も近い(後方の道)4バイト並べられたアドレスは逆アセンブラにおける最初のアドレスとして選定されるでしょう。

すべてがメモリエディタから新しい詐欺をするようにボタンを変えました: 現在、それはTRIANGLEで
す。

現在、直接メモリエディタで値を編集するのはすべて、可能です。 これで、詐欺をする必要はなくて、あなたは値を編集するでしょう。 値の編集を可能にするには、これがUP/DOWNと共に選択された値を編集するためにあなたを許容する確認ボタン(あなたがcwcheatでボタンを交換したなら、CROSSかCIRCLEである)を押してください。 その時、CROSS(ボタンを交換したなら、旋回する)と共に確認して、CIRCLEと共に中止になってください(ボタンを交換したなら、交差してください)。

今、すべて、あなたは+/-0のメモリエディタで値を変えることができます。

つまりそういうことです

ところでブログを作った初日とか 1日1回更新を目標にryって人多いですよね

自分もそうです

でも何ヶ月かやってると段々めんどーになっていきます

最初のころは皆とは違う記事を書きたいと思ってましたが今では二番煎じ

これが現実 まー自分の更新が遅すぎるだけかもしれませんがね

逆に考えると他の人が早すぎるんです><

まぁそういうことです

以上です
トラックバック(0)  コメント(0)
2007/07/08 12:44 【プラグイン
Cwcheatがまた新しくリリースされました

今回の変更点は


[ALL] now there is an header with the index (addr, +byte, ASCII) in the memory editor

[ALL] now it’s possible to choose if ASCII should be shown on screen in the memory editor with ASCII ENABLE = 0/1 in the CWCHEAT.INI/CWCHEATPOPS.INI

[ALL] now it’s possible to choose the number of bytes shown on screen in the memory editor (0-13 with ASCII enabled, 0-17 with ASCII disabled)with MEMEDIT BYTES= # where # is the number of bytes
[ALL] added checks in the memory editor for the starting adress to avoid going out of range

[ALL] added effectively L/R scrolling support in the memory editor. they will scroll of -/+ 0×10000
0000017

[ALL] added a simple text insertion method which you can navigate with LEFT/RIGHT and change text with UP/DOWN. Middle dots are considered end of line, everything modified after then will be discarded.
0000017

[ALL] Now it’s possible to edit cheat names. To do so press R TRIGGER + CROSS while selecting the cheat name you want to change. To discard changes press O (or X if you swapped buttons) and to confirm changes press X (or O if you swapped buttons)

[ALL] now the cheat search menu will allow the user to press UP when selecting the first option to get to the latest one and vice-versa (just like most of the other menus)

[ALL] new options in the cheat search menu: start text search and continue cheat search. They are meant to start and continue a search for a text
0000017

[ALL] Added a text search system. It supports up to 30 chars, and can search ASCII/UNICODE/ASCII+UNICODE encoding and can be case sensitive/insensitive

[ALL] The text search system can autosense if it has to make Unicode or ASCII codes (Unicode codes skips the second byte). A code line is made for each char and the current char is copied as value.

[ALL] changed the space used by the db reading functions to < = 128kb (this space is allocated during boot up and freed after that)

いみわからんのでエキサイトにかけてみました

すべて、ヘッダーが現在、インデックス(addr、+バイト、ASCII)と共にメモリエディタにあります。


現在、ASCIIがCWCHEAT.INI/CWCHEATPOPS.INIにメモリエディタにスクリーンの上にASCII ENABLE=0/1で示されるべきであるかどうかを選ぶのはすべて、可能です。

現在、MEMEDIT BYTESのメモリエディタ(ASCII身体障害者と共にASCIIで0-17に可能にされた0-13)にスクリーンの上に= ##バイト数が始めのadressが、範囲から行くのを避ける、メモリエディタのどこでのすべての加えられたチェックであるかが示されたバイト数を選ぶのはすべて、可能です。

すべてが. それらがスクロールする/+0×10000 0000017のメモリエディタでサポートをスクロールしながら、有効にL/Rを加えました。

すべてがUP/DOWNと共にあなたがLEFT/RIGHTと変化テキストでナビゲートすることができる簡単なテキスト挿入方法を加えました。 中央ドットは行末であると考えられて、その時以降変更されたすべてが捨てられるでしょう。
0000017

それが編集するのにおいて可能であるので、すべてが名前をだまします。 したがって、詐欺の名を選択している間、R TRIGGER+CROSSを押すために、あなたは変化したがっています。 変化プレスO(Xはあなたであるならボタンを交換しました)を捨てて、変化を確認するには、Xを押してください(Oはあなたであるならボタンを交換しました)。

現在第1の選択を選択するとき揚力であるユーザは詐欺の検索メニューで最新のものを始めるでしょう、そして、すべて、逆もまた同様です(まさしく他のメニューの大部分のような)

詐欺の検索メニューにおけるすべての新しいオプション: テキスト検索を始めてください、そして、詐欺の検索を続けてください。 始まって、彼らはテキスト0000017の検索を続けることになっています。

すべてがテキスト検索システムを加えました。 それは、最大30の雑用を支持して、ASCII/ユニコード/ASCII+ユニコードコード化を捜すことができて、大文字と小文字を区別しているか、または神経が鈍い場合があります。

すべて、テキスト検索システムはそれがユニコードを作らなければならないかどうか、さもなければ、ASCIIがコード化する(ユニコードコードは2番目のバイトをスキップします)autosenseをそうすることができます。 コード・ラインは各炭のために作られています、そして、現在の炭は値としてコピーされます。

すべてがdb読書機能によって<=128kbに使用されるスペースを変えました。(このスペースをブートアップの間、割り当てて、その後に解放します)

日本語でおk

DLは↓

  

さて、今回はこんくらいにしときます

以上です
トラックバック(0)  コメント(0)
2007/07/01 10:27 【プラグイン
 ■ Cwcheat1,8
PSPでチートができるCwcheatが1.8になりました

DLは↓

おrz

今回の変更点は

[ALL] fixed a bug which could lead to codes from other games/databases being put in the cheat list when loading a different database: this lead also to codes remaining in list, the game name not changing when reloading a db which contained the same game with a different name and other bad things made by data remaining and possible crashes

[ALL] fixed various buffer overflows in the db reading functions regarding game and cheat name. This seemed to lead to strange behaviours with the screen shot function for some users.
[POPS] fixed a bug which could load ids of pops game launched before than the one being loaded if there isn't a cold boot beetween them or a psp game being loaded

[ALL] added a memory editor which can show the ram in HEX/ASCII

[ALL] added to support to make cheats from a selected ram position in the memory editor (with x)

[ALL] added support in the result screen of the cheat searcher to show the memory editor in the position of the found result (press [] to show it when selecting a found address)

[ALL] added support to show the memory editor from the edit cheat menu for fixed value write codes (0x0 0x1 0x2). (press /_\ to show the memory editor when selecting a codeline)
[PACKAGE/GAME] Added a LITE version of cwcheat with all cheat search and memory editor functions removed. It's called cwcheatlite.prx.

日本語でおk

いみはわかりませんので了承ください

使い方は

まずDL

解凍

そのなかにあるMS_ROOTの中身をPSPにいれる

すでにSeplunginsがある場合は中身を移動させてGAME.txtの中身をPSPの

中にあるGAME.txtに追加してください

これで導入は終了です

使い方としてはまずPSPでリカバリーモードに入ります

そしてPlunginsを選び、CwcheatをEnbledだっけ?にします

あとはPSPでゲームを起動してセレクトをながおしすればできます

セレクトなが押しがいやなひとはセッティングからかえられますので変えてください

コードの追加の方法はSepluginsの中にあるCwcheatの中のCheat.dbをTXTなどで開いて追加することができます

まぁこんなもんですね

以上です
トラックバック(0)  コメント(0)
2007/03/15 19:16 【プラグイン
SCEP XMB の正式ばーじょん?がリリースされました!

3.03OE用

http://dl.qj.net/General-Apps/pg/12/fid/13228/catid/151

3.10OE用

http://dl.qj.net/General-Apps/pg/12/fid/13229/catid/151

これはあのあれですうんあのXMB上の速度を変えたり、PSP終了させたりU

SB接続できたりするものすごい便利なアプリです。

使い方

DL

解凍

なかのSなんとかをROOTにあるSEぷらぐいんに上書き(中にほかのふぁいる

がある場合は中のファイルをSEぷらぐいんに移動あとはわかるよな)

そしてリカバリーモードに突入

中のプラグインをEnbledにして

EXIT

XMBでセレクトを押す

起動

以上!

とっても便利です
トラックバック(0)  コメント(0)
 ≪ 戻る ≪ 
プロフィール

Author:RNTK
 

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。